2006 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2007 01
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大ミソ日
2006/12/31(Sun)

本年もそろそろ終わりです。皆様いかがお過ごしでしょうか?


仕事が28日の夜に終わって、29日朝方まで呑んでおりまして、家に帰ったのが朝10時過ぎ。
寝たら夕方6時に起きて、なーんもする気力なかったので家でダラダラ。
気づいたらまた寝てて、30日は天気がよかったのに、家でダラダラ。寝たり起きたりを繰り返す。
んで、本日も外は絶好調の晴天でして、そろそろ(主にコタツなどから)脱皮してお外に出てきます。

寒い日は外に出るまでが辛いけど、出てみりゃ、何でこんな事しないで家でダラダラしてたのかなって思う事がよくあります。腰が重たい人間のサガ?w


さ、それはともかく、来年がもうすぐ始まるよ!
スポンサーサイト
この記事のURL | 菌日和 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウィーンガッチャ。ブンッ!
2006/12/26(Tue)
何年か前に、聖なる夜に「ファッ菌クリスマス!」と色んな方にメールを投げっぱなしにした自分を恥じつつ、今年は特に何もなく、思い出すのは「コタツにいたこと」ぐらいという大変大人しいクリスマス。そして気づいてみれば早くも年末モード到来。

ゆくとしくるとし07年には何が起こる!?年明けの先に菌様が見たものとは!!!
沿うご期待!!!



えー、いつものように得に何もないので話しを進めます。

前回、オーラを纏い身の回りの一挙一動を総べて認識できる匠の業を為す男、つまりは挙動不信の男を紹介しましたが、先日に違うタイプが新たに確認されましたのでここにご報告したいと思います。


菌様帰りの電車に乗ってたんすわ。そして満員ですよ。
いつものように音楽聞きながら窓の外をぼーっと眺めていると、隣に立ってる男の視線を感じる。
否。首をブンブン振っている?

その男の動きを分析すると、どうやら右前方斜45度より、左前方斜45度方向へ顔を動かし、そしてすぐさま先程と同じ位置に顔を戻す。その間約0.5秒。
要するに左右に顔をブンッと一振りしてるだけなんですけど、さっきから頻繁にそれをやるので、なんだか気になる。

携帯を見てブンッ
ドア上の電光掲示板(行き先とか表示されてる)に眼をやりブンッ
窓の外を眼を凝らすように見つめてブンッ

あ、解った。きっとこの人、さっきの駅降りるの忘れたんじゃね?
だからこんな挙動不信なんかな。
気持ちは解るが、焦ったところでもう電車は戻ってくれないでしょう。
もうそんな挙動不信動きはおやめなさいな。

と、脳内菌様は諭した。
その男性も観念したのか、本を読み出した。

と思ったら、本読みながらブンッ
1ページめくるごとにブンッ


なんだよ癖かよ。




しかし、ここに来て私は一つの理解を得た。

癖って本人気づかずにやってる場合が多いではないですか。

もしかしたら菌様も、そしてこの文章を見ているあなたも、そしてあなたの後ろにいる人も、気づかないうちに顔をブンッ!ブンッ!とやっているかもしれ…な…い………!

キャー-ーーーーーーーーーー!(効果音)






何このやる気のない強引な怪談オチ。
この記事のURL | 菌日和 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
脳内に潜む菌
2006/12/06(Wed)
きんきろキロリン、おらあらひへぇキロリ菌!なんかくひじるがアヒしてっど!



ほんともうそういうのどうでもいい。
唇がマヒしても、俺の頭がマヒしても、タイプされる文字は正常なんです!もう、いい加減にしてください・・・!


さて、あまり面白くないので話を進めます。

世の中には肉食動物と草食動物という2種類の生物がいると思うんですけれども、
人間はどっちでしょうか。どっちも食うので雑食動物?

しかし、例え人間が雑食であっても、「狩る者」と「狩られる者」という点においては人間も2種類のタイプに分けることができるのではないでしょうか。


・・・まてまて、ちょっとまて。
あなた今「あー菌様またマゾとサドについて語る気だよ」と思ったっしょ。ちょっとマッテよ。

今日はそういうことじゃないんだ。


実はこの前、牛丼復活した吉牛に行ったんすわ。

で、そこで俺の隣に座った若い兄ちゃん。
なんかスーゲーーーーキョロキョロしてるんすよ。

もう、店内を見回して、店員を見て、後ろを振り向いて、俺の顔見て、お湯のみの中を覗いて、ケータイを見て、また店内を見回して・・・。

ちょっと落ち着けと。何をそんなにそわそわしてるのか。スパイに追われてるのか君は。

で、飯を食いながらも常にあっちを見てこっちを見て。


そこでさっきの話しですよ。ピンときた!
実は彼の前世は、アフリカの大草原を旅するトムソンガゼルだったのだ!

きっと食べる時も寝る時も、ライオンやチーターに追われる身だったのだろう。

耳をピンと立て、鼻を利かしていつ自分が狙われてもすぐさま逃げられるようにする本能が、きっと魂(スピリチュアル)の記憶に刻みこまれて、人間に生まれ変わった今でも無意識のうちにやってしまっていたことだったんだよ!!(な、なんだってー!?)


まぁ、実際にそうなのかどうかは菌様、あんま興味ないのでどうでもいいんですけど、とにかく警戒心が強いのか、それとも落ち着きがないだけなのか、そういう人っていますよねって話しです。


そういう人の事をよく言えば「周りをよく見てる人」という風に言う事ができるんですけれども、菌様の場合はその全く逆と言っていいかもしれません。

例えば道で知り合いとすれ違うことがあるとしますわな。
あれ必ず気づく人いますよね。しかも結構遠くから。

まずそれが信じられない。

さすがに向こうから気づいて手を振ってくれたりすればわかるけど、自分から気づく事はまずないです。
なぜなら、他人の顔など見ないから。

この一言に尽きるわけですけれども、どうもこの辺が、菌様の周りの人達は違うようで、というかどうやら世間一般と菌様の間にズレが生じているようで、つまりおかしいのは俺の方らしい。

うーん納得できねえ。だって知らない人の顔なんてチェックしねーーー!
この記事のURL | 菌日和 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。